乗っている自転車たち




Giant NRS3

オフロード派ですのでこれがメインですね。
ただ普段は幅広のスリックをはいています。
これなら砂利道でもどこでも走れますから。

もう一組ホイールがあるので、
本当のオフに行くときはブロックタイヤに交換します。

Giant NRS3

輪行するときや、速く走りたいときに使用しています。
とにかく輪行状態にあっと言う間にできます。
ホノルル・センチュリーライドもこれで走りました。






TSUNAMI 2026

下ハンドルの方がよかったのですが、
まずは入門用ということで上ハンドルです。
とにかく形状が違うので用品の取付けに
苦労すると言うか結構楽しめます。
もしかするとメインになるかも。


TSUNAMI 2026

こちらもちょっと変わり種。
とにかく楽しいです。
みんなで集まったときに、
みんなで楽しめればいいなってのりです。






Giant NRS3

荷物が多いときなどに使用しています。
フロントとリアにバックをつけても乗り降りが楽です。
タイヤもセミスリックなので結構どこでも走れます。
最近は通勤車にもなりつつあります。


Giant NRS3

ちょい乗り専用でしたが、いろいろと改造しました。
乗り心地改善でサスペンションシートポスト、
そして高速化のためのスピードドライブがインストール、
ハンドルもドロップになりました。




TSUNAMI 2026

体力の落ちてしまった奥様の「MTBは重い」の
一言で増えてしまいました。
重量は9.5kg、確かに軽い。
テスト走行すると今までついてこれなかった速度でも
涼しい顔でついて来ていました。


VooDoo Disk

奥様用のMTBです。
とは言ってもオフロードは走れないので
タイヤはツーキニストになっています。



VooDoo Disk

もっぱら出掛けるときの駅置き専用になってしまっています。



自転車運び

輪行も時々はしますが、ほとんど車に積んで移動します。
従って、いろんな積み方をしています。

車はエスティマなのですが、最大で人を4人(3列目の座席を畳むと4人しか乗れません)と自転車5台を同時に積めます。
この場合1台は折り畳みになりますが。


こんな1台用のラックを作って2列目の座席の前に入れます。
写真は後輪も外していますが、通常は前輪のみ外します。
一人の時はほとんどこのパターンです。

2台の時は3列目の座席を畳んで2台用のラックに固定して積みます。
内部の幅が少し狭いので前後輪外します。
タイヤハウスを避けるためにラックに足をつけて少し上に積みます。
タイヤの積み方を工夫すれば更に折り畳みが1台積めます。

ラックはイレクターパイプとクイックシャフト、そして友人作の特殊貫通ボルトで出来ています。
電灯のシーリングコンセントの部品を加工して作ったチェーンキーパーもついています。


車のリアには2台積みのラックをつけています。
これはタイヤを外す必要がないので便利ですが、固定が少し面倒かな。
車高が高いのでルーフキャリアは使いづらいのでリアキャリアにしました。
燃費もルーフキャリア程は悪くなりませんし、風切り音も気になりません。



自転車部屋

自転車部屋も作ってしまいました。

6畳の和室を改装し、行きつけのショップから譲ってもらったバイクタワーを置き、4台を置けるようにしました。
壁のわずかなスペースにタイヤをひっかけるところも作ってみました。
上からフックで吊すより安定感があっていいです。
ゼロバイクは寸法が合わなかったので自作し、こっちはコンパクトなので玄関脇に置くことにしました。

そして、床の間だったところには棚を入れ、パーツや工具や用品を置き、
部屋の真ん中には作業台を置き、簡単な工作も出来るようにしました。
当然自転車のメンテも出来ます。

しかしながら自転車も増えてしまい、リビング進出、玄関占領と家の中が自転車だらけになりつつあります。